誰も安心はできない

Common drugs

カンジダ症という病気があります。女性の5人に1人は経験すると考えられている膣の病気となります。健康な人でも誰にでも住み着いている身近な常在菌が原因となっているので、体調不良というようなことが引き金となって発症するようになっています。またカンジダは治っても再発を繰り返すようになっています。したがってしっかりとした知識を持って対応をすることが必要となります。自然治癒することもありますが、基本的には治療が必要となります。一度発症した場合には、市販薬で対処をすることもできます。この場合法律で定められているのでしっかりと守るようにします。市販薬を購入するときには、根本治療を行うことが必要となるので、カンジダ菌を殺す成分が入っている薬を選ぶようにします。

病院を受診して治療すると言うこともありますが、再発の場合は市販薬を利用する人が多くなってくると考えられています。カンジダに効果がある市販薬はいくつかありますが、その中で膣錠タイプがあります。この薬は処方薬の成分と同じものもあります。第一類薬品に指定されているので、コンビニエンスストアで購入することはできません。薬剤師がいる薬局で購入するという形となります。6錠が入ったもので料金が2000円から2300円程度となります。軟膏やクリームタイプもあります。これはカンジダ菌による症状を抑えることができます。しかし痒みは非常に強いものとなっているので、治療に関しては、膣錠と併用する方が効果が大きくなります。